MEDIA
2016.12.21

〜高校中退から逆転を目指す〜挑戦者の素顔|RYUHEI (21歳)

2,916 view

対談インタビュー「挑戦者の素顔」では、MENTORの杉山がヤンキーインターンの参加者とぶっちゃけトークを繰り広げます。中卒や高卒として歩んできたこれまでの人生や採用担当だからこそ引き出せる素顔など、地元を離れ上京した若者のリアルを届けます。
本日は、研修内のフィールドセールスで他者を寄せ付けない成績を出しているRYUHEIです。

MENTOR|杉山(通称:すぎちゃん)
ハッシャダイの人事採用担当。インターンシップの受付対応を行っている。自分の過去の体験を活かし、学歴がなく地方でくすぶっている若者に対して面談を行なっている。いつもはメガネをしていない。

高校中退してもなんとかなると思っていた

なんかこうやって改めて話すと照れ臭いな。(笑) RYUHEIも参加してそろそろ半年とかだっけ?

そうですね。ほんまあっという間に時間は過ぎていくんだなと思ったし、逆に毎日が濃いから「え、俺ってまだ半年間しか東京にいないんや!」ともよく思います。

だよね〜。結構そう言ってる参加者が多くって、みんなみるみる成長していくから先月から参加したこの子が本当に高卒なの!?って思うことも最近多くなった。俺も頑張らないとって焦るわ。RYUHEIも高校中退したから最終学歴は一応中卒だっけ?

そうです。理由は単純に地元のツレと遊び過ぎた結果の留年やったんですけど、父子家庭やったのもあって親からの縛りは全くなかったから、卒業が一年遅れるのも面倒臭いし、働いている先輩とかもたくさん居て楽しそうだったから、やめてもいけんじゃね?って思いました。

その思い切りはすごいな。

自分的にはあんまり思い切ったとかは無くって、どちらかというと周りにも自由にやってるやつが多かったし、大学に行く為に勉強してる人達とは違うグループに居たから、辞めるのを止められたりもしなかったですしね。

そういう環境だったんだね。で、辞めてどうしてたの?

外でするライン引きの仕事をやってましたね。あの道にある白いやつです。それと夜に喫茶店の清掃をやってました。働くことも初めてやったし、すごく新鮮で最初は楽しかった記憶があります。

社会に出て知った現実

やけどすぐに、このままじゃダメなのかなと思いだしたんです。言っても友達の中にはちゃんと進学してる人も居た訳でそれにも少し焦ってましたし、しかも社会に出て大人と過ごすようになってから少しネガティブになり始めてたんです。このままの人生がずっと続くんだぞばりに脅されたのもありましたし。なんで20歳の頃から通信制の高校に通い始めました。

そうなんだ!その間仕事は続けてたの?

働きながら通っていましたね。そうすると仕事に使える時間って限られてきて稼げるお金も少し減り、頑張っても時間が減ったからプラマイゼロ。その頃ぐらいから、仕事が少しづつ面白くなくなり始めてました。それでも時間パンパンに働いて二つの仕事合わせて大体25万円ぐらいは手元に入っていたからまだよかったんです。でも、、、まぁお金ってなくなるじゃないですか。(笑)

お金がなくなる?!?どおゆうこと!?(笑)

ごめんなさい。普通にギャンブルが好きやったんです。

なるほどな(笑)結構、ギャンブラーだったの?

とにかくめちゃくちゃ好きでした。パチンコもスロットも大好きでしたし。調子いい時はめっちゃ稼げますしね!でも負け込むと大変でした。結果そんなに大量ではないですけど借金も抱えてしまって…

どっぷり浸かってしまってたんだね。

そんな感じで、このままじゃダメだ!って決心したのが働き始めて3年後、通信制高校を卒業してすぐぐらいだったんですね。そこでたまたま出会えたのがハッシャダイだったんです。

そうだったね。卒業生に紹介してもらったんだっけ?

そうです!実は二人友人が居てどちらも高卒だったけど、ハッシャダイを卒業して社会人になりスーツを着て働いていたんです。彼らのが就職した先は営業だからやればやった分だけ自分に返ってくる仕事ができているのも本当に羨ましかった。だから僕はその場でハッシャダイのインターンシップに入らせてください!とお願いしました。それが去年の話ですね。

(あ、思い出した)あーね。でも、時系列が合わないよね。まだ入って半年なのに(笑)

その顔は思い出しましたね。(笑)そうです、その日から半年間飛びました。

ほんと思い出したけど、あれにはビックリしたからね!!あれって正直に何が理由だったの?

社会人で習得したネガティブを発揮して、ハッシャダイの研修に本当についていけるか不安になってしまったんです。実地研修とかも大丈夫か不安やったし、勉強もちゃんとするみたいやし。

不安を越えた”軽い気持ち”

そこからよく参加したよね!何があったの?

ちょうど年も越して心機一転して何か始めたいなと思ったタイミングで、とりあえず行ってみるか!と思い立ちすぐに連絡しました。もう飛ばないように友達にも報告しました。

勢いすごいね!友達にはなんて言われた?

「お前じゃ絶対無理だと思うけどいってらっしゃい」って言われました(笑)

やばいな!(笑)むかつかなかったの?

いや、僕自身もそう思ってたんで「まあ行ってくるわ!」ってノリで答えました。

ある意味いい友達に恵まれたよね(笑)そんなこんなで参加した訳だけど実際の研修を受けてみてどうだった?

心配しすぎてた自分がアホらしかったです(笑) 実地研修にも1.2週間で慣れましたし、勉強もすればするほど身についてる感がありますし。もっと早く来とけばよかったと後悔しました(笑)

まあでも結果RYUHEIが来てくれてよかったよ!そんなRYUHEIも今では研修の成績が圧倒的にナンバーワンだよね!理由はなんなの?

フィールドセールスでは実際特に何も意識してなくて、当たり前のことを当たり前にやっているだけですね。ただみんなには笑顔が良いと言われますけど、そりゃ暗い顔より明るい顔の方が印象良いでしょ!って感じでやってるくらいなので。表彰状ももらいましたけど、これでもらえるんだ。ぐらいの感じでした。もちろん嬉しいですけど。

それが当たり前にできるのがすごいよね。この半年間で変わったことはある?

もちろん知識が増えて視野が広がりましたし、フィールドセールスの経験で人と話したり、ビジネスマナーを身につけることができたりと基礎力が身についたと思ってます。後、声をかけてくれる友人も少し変わりました!近況をたまにSNSにあげていたりするんですが、最近はそれを見た地元の友達の中でもあまり関わりの無かった大学に進学した別のグループだった子たちから会おうよって連絡もらったりします!なんか嬉しいですね。

頑張ってることをちゃんと発信してるから伝わってるんだろうね!


多分不安だろうな。でも本当にシンプル

後は人に感謝されることも増えたと思います。僕はあまり人に教えるのが得意ではなかったので人に尊敬されるとかそういうのあんまりなかったんですが、研修で結果が出てからはみんなに質問されることも多く、答えてあげると喜んでくれますね。そういった瞬間は今一番嬉しいかもしれません。

研修期間に参加者の中でそういったことがあるのは俺も嬉しいな!じゃあ最後にこれから参加する方にメッセージをもらえる?

多分インターンシップに参加するってなった最初はワクワクでいっぱいだと思うんですけど、上京する間際になると多分不安になると思うんですよね。これに対する答えはシンプルで、もうとりあえず来たら良いと思うんです!理由は別にHASSYADAIは一度入ると抜けられないとかそんなんじゃないですし、合わなければ辞めれば良いし、来てから考えれば良いと思うんですよね。
後、僕の友達も僕が入ってから参加したんですけど、その理由が「RYUHEIでもできたんだからいける」っていうぐらいで、僕でもできたんだからみんなならインターンシップにはついてこれると思います。だから、まず来てみてください!

こんなこと言うと上から目線だけど、めっちゃ成長したな!じゃあもうギャンブルとかスロットとかもやめたんだ!

いや、月一は息抜きで行きますよ。めっちゃたまに行くのが楽しいんですよ!

せっかく変わったんだから、これからもほどほどにしときなよ(笑)

share
Facebook はてなブックマーク Pocket

Recommend

MEDIA
2019.6.6
『劇的ヤンキービフォーアフター!!!』ハッシャデビューvol.10
MEDIA
2019.5.18
〜高校中退して東京へ。今が断然楽しい!〜Travelintern 旅人の軌跡|KAZUMI(17歳)
MEDIA
2019.4.5
ヤンキーインターン海外研修 in 韓国
MEDIA
2019.4.2
ヤンキーインターンから初の進学。掴んだ慶應義塾大学合格 ~挑戦者の素顔~KOTA(18)