挑戦者
2017.9.9

全てはモテるために〜挑戦者の素顔〜NAOKI(20)

1,997 view

「挑戦者の素顔」では、鉄拳の近藤がヤンキーインターンの参加者にインタビューを行い、その素顔に迫ります。中卒や高卒として歩んできたこれまでの人生や、鉄拳の近藤だからこそ引き出せる素顔など、地元を離れ上京した若者のリアルを届けます。
本日は、NAOKIです。和歌山で父と二人で育ち、新しいことを探しに東京へきたその経緯と今の気持ちを聞きました。

全ての原動力の源は【モテたい】

NAOKIです、本日はよろしくお願いします!。僕今に至るまで、いろんな行動をしてきましたけど、その全部がモテるためにやってきた事なんですよ。始まりは小学生。
小学生の時は時全然モテませんでした。野球やってたせいで坊主やったし、おもしろいキャラでもなかったんで。小学3年生のある日体育の授業があって、小学生ってみんな教室で着替えるじゃないですか!それで僕の教室が女子の着替える部屋だったんですけど、前の授業から爆睡してて、女子が着替えだすまで気づかなかったんですね。途中で目醒ましたんですけど、もしそこで起き上がったら、変態やら覗きやら嵐のようなバッシングに晒され、以降の小学生ライフが終焉を迎えることは容易に想像する事ができたので、寝たふりに徹する事にしました。そしたら女子たちが「クラスの中で誰がかっこいい?」的な会話を始めたんですよ。その女子の中に一緒に下校してる子もいて「絶対俺も入ってるやろ』ってドキドキしながらその会話を聞いてたんです。

、、、やけど待っても待っても僕の名前は出て来ませんでした。結局10位くらいまで発表されて終了。 一緒に下校してる子に心の中で「俺の事はあそびやったんか」って叫びました。女子が出て行った教室の中、一人で悔し涙を流した事を、昨日のことのように思い出せます。あの日から、僕はモテる事に執着しだしたんだと思います.


切ない顔をしながら語るNAOKI

モテるためにヤンキーデビュー

中学からは、モテるために生まれ変わると誓っていたので、野球も辞めて、イケイケヤンキー路線に華麗に転身しました。喧嘩、暴走、タバコ、一般的にヤンキーが行うと言われている活動には積極的に参加。僕のヤンキー偏差値は学力と反比例して見る見るうちに急上昇していきました。でも残念な事に暴れ過ぎちゃって、みんなに危険人物、あの子とは関わっちゃだめ、犯罪予備軍、のような称号を両手に溢れんばかりにいただき、女の子に怖がられ全くモテませんでした。そんな感じでマジ卍な中学生活は終了。


卍?ポーズをするNAOKI

4ヶ月で終わった高校生活

進路はどうしても働きたくなかったんで、名前を書けば合格する偏差値worst1の高校に進学しました。入った時はヤンキーが6割くらいやって、めっちゃ居心地よかったんですけど、みんなアホすぎて半年したら退学させられたり、辞めたりでほとんどいなくなっちゃうんですよ。僕も例外なく入学して4ヶ月目くらいで5回停学なって、あと一回何か起こしたら退学の所まで順調に進んでました。そんなギリギリ崖っぷち状態のある日、家庭科の授業があったんですよ。その日は裁縫するからハサミが必要やったらしくて。それは前から告知してたらしく「ハサミ持ってない奴は停学やぞ」って先生が言いだして、それで案の定僕、ハサミ持ってなかったんですよ。ほんでこのままやったら退学なるからヤバいってなって、隣の子に「ハサミ貸して」って言うたんです。やけど当時はめっちゃオラついてて、クラスの奴に嫌われてたから「無理、退学なったらいいやん」て言われて(笑)それでめっちゃむかついてハサミ取り上げて隣の子の髪の毛を切っちゃんたんです。僕のスタイリストデビューの瞬間でした。もちろん一発退学です。今となってはホンマに悪い事したと思ってます。


オラつくNAOKI

働きたくないがために、、、

まだまだクズエピソード続きます。そんな訳で学校は退学なったんですけど、やっぱり働くの嫌でどうやったら働かんでいいやろ?って頭フル回転させました。30分くらい。そしたらすごいアイディア思いついたんですよ。
お父さんに「もう一回高校受験するから塾通わして」って言うて塾代貰ってそれで生活しよって。思い立ったら即実行、次の日にはお父さんにお願いして、最初の1ヶ月だけ通って辞めて、そのあとも塾行っている設定にして、塾代使って毎日朝まで遊び倒していました。ほんまに最低ですよね。お父さんごめんなさい。半年くらいたって受験日が来たんですけど、塾辞めてからノートなんか1ページも開いてなかったんで、当然滑りました。それでいよいよ働かなあかんな思って、知り合いに仕事紹介して貰って働き始めたのが丁度17歳の時です。


現場作業員N

遊びの絶頂期

多分この時期が一番遊んでたと思います。やっと自分の周りもヤンキーがかっこいいって風潮になって来て急にモテまくるようになりました。全盛期です、時代到来、狂喜乱舞、エレクトリカルパレードです。毎日違う女の子と遊んで、朝まで飲みに行って、みんなで単車乗って。働きだして給料も30万くらいあったから「これ俺世界牛耳れるんちゃう?」っていう思春期ならではの無敵感全開でした。無双モードでした。けどそんな気分も束の間。18歳を過ぎた頃から周りの環境が変わりはじめたんです。同年代が大学に進学しだしたり、将来の目標を持ち出したり。みんなレベルアップしてんのに自分は全然変わってない。同じ職場の50代くらいのおじさんも「こんな仕事やめとけ、続かへんから」って言うて「ヤバい、このままやったら俺モテへんくなる」って。ほんですぐハローワーク行ったんですけど、中卒でなんのスキルも無かったから、工場系とか現場とあんまり変わらへん仕事しかなかって「全然選択肢ないやん」って考えた結果、とりあえず高卒認定取るか!って思い立ったんです。

人生で初めて真面目に勉強

高卒認定目指す事にして、勉強方法も知らんかったし塾に通う事にしました。今度はちゃんと自分のお金で(笑)勉強をはじめた時は試験の2ヶ月前で、塾の先生にも遠回しに「お前みたいなアホは絶対受からん」的な事言われてて、それもめっちゃむかついたから絶対合格して見返したるって思って死ぬ気で勉強しました。それまで24時間休み無し、コンビニエンスストアの様に遊びまわってたのに一切遊ぶのを止めました。現場へ向かう車の中でもひたすら暗記、仕事終わってからも家で毎日3時間みっちり勉強。僕昔から没頭する力、みたいなんはめちゃくちゃあったと思うんです。ヤンキーやってたのも、モテたいから。だから本気でやってたし、女の子の心理勉強するために女性用の雑誌読んで研究したりとか(笑)それで初めてそのベクトルを勉強に向けてた結果、2ヶ月で高卒認定の試験に合格したんです。どうせ受からへんやろって言うてたバカにしてた先生は「やっぱり受かると思ってたよ、うん!」て綺麗に手のひら返ししてましたね。それはもう見事な手のひら返しでした。正に芸術。

高卒認定合格からインターン参加まで

晴れて高卒認定合格して、さあどうしよってなって色々考えました。ほんで手に職付けて起業目指そ!って考えて医療系やったらなんか需要もありそうやし、学校でも女の子多そうやしウハウハでキャピキャピなキャンパスライフ過ごせるかなって!看護師の専門学校を受験する事にしました。でも受験直前になって、「男で看護師ってあんまりかっこよく無いかも」って思い出したんです。 それで急に「俺はなんか日本人とは合わへんから海外行こう」とか思い出して。外人の女性と遊びたいし。一応専門学校の入試は受けて、筆記試験は受かったんですけど、面接で落とされたから丁度良いわと思って、留学に関して調べてました。そしたらTwitterでヤンキーインターンを見つけて「海外も行けて、ビジネスも学べるんやったらここが一番モテる確率高いんちゃうん、無料やし」と言うことでインターンに参加する事に決めました。考えの変わり方ヤバいですよね(笑)


インターン3日目。真面目を装わなあかんと思ってたらしい。

インターンに参加してから

僕最初は友達作る気なかったんですよね。当時はめっちゃプライド高かって、大人数で群れるのも嫌で、ヤンキーにありがちな自分のコミュニティ以外の奴は見下すみたいな。恥ずかしいですけど。そう思って参加して来たけど、インターンって家帰ってもシェアハウスやし結局なんやかんやみんなと喋るんですよ。でいざ喋ってみるとね、これがめちゃくちゃ面白かったんですよ。「あっ、喋ってみたら全然思ってた奴と違う」とか「こういう考え方もあるんか」とかいろんな発見があって。それまでは自分の好きな奴、同じような考え方の奴ばっかりと集まってつるんでいたんで、別の考えを持つ人と関わるんがすごい新鮮でした。初めの頃は喧嘩もよくしたけど、今ではみんなとめっちゃ仲良いです。研修に関しては、誰よりも量はこなしてると思います。僕元々人と話すことはめっちゃ好きやったんですよ。ただ人見知りやっただけで。それが営業をやってる内に初対面の人でも喋れるようになって行って、面白くなって、成績も伸びて行って。どんどん成長していくのが分かりました。


チームメンバーとの一枚

インターンに参加して一番変わったことは?

色々あるんですけど、1番はプライドの持ち方です。今までは、これをやったら人にどう思われるとか、こんな姿見せたら恥ずかしいとか、失敗したらダサいとかしょうもない事ばっかり気にしてました。けど今は結果だけにプライドを持つようになりました。プロセスでどんなにかっこつけてても、結果が出なかったらかっこ悪い。逆にプロセスでどんなに泥臭い姿見せても結果を出したらかっこいいやんって。そういう風に考えるようになりました。


インターン3ヶ月目 垢抜ける

今後の目標は?

僕も参加から6ヶ月なので、今は就職活動に取り組んでいます。第一志望の企業のSPIの試験が通ったので、面接対策中です。目標はその企業に合格して3年でNo.1になる事、そしてもっとモテる事。僕本気でなれると思ってます。昔から上しか見てないし、それに向かうプロセスでどんな大変な事があっても、全部楽しいと思えるんです。成長する喜びみたいな。多分僕誰よりも人生楽しんでる自身あります。

これから参加する方へメッセージ

もし参加したら、今まで自分がいきてきた世界がいかに狭くて小さかったかがわかると思います。特に僕は典型的な井の中の蛙やったんで。あと僕参加するまでは学歴コンプレックスだったんですよ、でも今は色々な方の話を聞いたり、営業を通して、学歴無くても成り上がれるんやなって思うようになりました。だからもし同じ様な人がいたら、参加したらいいかなって思います。聞いてくれたら、モテる方法も教えるんで(笑)。ここまで読んでいただきありがとうございました!

share
Facebook はてなブックマーク Pocket

Recommend

挑戦者
2018.8.25
〜鳶職を辞めて東京へ…人間としての成長を遂げるまでの軌跡〜挑戦者の素顔|RYOTA(23歳)
挑戦者
2018.8.24
〜「ここで終わっていいのかな」とくすぶっていた僕が気づいた自分の強み〜挑戦者の素顔|SOUMA(19歳)
挑戦者
2018.8.4
細かい事なんか後で考えればいい。やりたい事があるならとにかく動け。|TORU(22歳)
挑戦者
2018.7.21
〜どうしようもなかった中卒ヤンキーの僕が社会に飛び立つまで〜挑戦者の素顔|SOJI(18歳)