イベント
2018.4.25

「熱血岡村塾」最終回! 上場企業社長とヤンキー、感動の卒業式

4,109 view

ヤンキーインターンでは、世の中の選択格差を無くすために、中卒・高卒の16〜22歳の若者に、座学や、営業、著名人の方の講演といった様々な研修サービスを提供して、若者の社会進出をサポートしている。現在までに述べ100人以上の生徒たちを就職に導いてきた。

〜前回までのあらすじ〜
徐々に非大卒(中卒・高卒の18〜22歳)のポテンシャルを評価してくださる企業様も増えてきていたが、業界全体で見るとまだまだほんの一部。今後更に多くの若者の可能性を広げて行くため、生徒たちにより良い研修を提供し、さらなる成長を遂げてもらいたい。そう考えていた矢先、生徒たちと同じ中卒で、上場企業の代表に上り詰めたあのアドウェイズ岡村さんが、生徒たちに特別研修を開いてくださるというお話が。第1弾海の会第2弾山の会を経て、本日、最後の研修という事で、とある場所へ向かう事に、、、

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ドンッッッッッッッッッ!!!

前回までの海、山とは打って変わって、やってきたのは高層ビルが立ち並ぶ東京は新宿。
その中でも一際存在感を放つ、住友不動産新宿グランドタワーの下にいた。

一体こんなビルに何があるというのか、、、、

そう!この超高層ビルこそ、岡村さんが代表取締役社長を務めるアドウェイズグループの本社が構えるビルである。

ヤンキーインターンのオフィスがある渋谷ももちろん都会だが、新宿はまた違った雰囲気を醸し出している。
普段なかなか訪れることのない巨大オフィスを前にテンションが上がりっ放しの生徒たち。

呆ける生徒。

ニヤける生徒。

キメる生徒。

それにしても、とんでもなくデカイ、高い。

思わず「見ろ!人がゴミのようだ!」と高笑いしながら言いたくなる。

アドウェイズがオフィスを構えるほぼ最上階の38F


長い道のりを経て、なんとか到着する事に。
エレベーターを乗り継ぎ向かうのだが、ここまででかいと自分のオフィスに向かうのもちょっとした旅。到着するまでに自分探しもできそうだ、、、

なんて余計な事を考えていると、、、

「うぃーーーす!」

おなじみの挨拶と共に、岡村さん登場。
いつもイカツイ服装の岡村さんだが、今日はより一層イカツイ。

岡村塾最終回。<未来の授業>

最後の岡村塾。テーマは<未来の授業>。これから就職していく生徒たちが、実際に社会に出た時にぶつかる壁について、そして壁を乗り越えて生きて行く術を教えていただきます。

岡村:お疲れ様!じゃあ最後の研修は、みんなが就職した後、立派な社会人として生きて行く術について、少し話していこうか!

まずみんなが社会に出てぶつかる壁は、理想と現実のギャップ、これだと思うんだ。

これまで経験してきた学生生活は、ルールも均一化されて、みんなやることも変わらないしあんまりギャップを感じなかったと思う。でも社会に出たら、みんなそれぞれ役割は別々だし、会社によっても上司によっても方針は全然違う。それによってギャップが生まれるんだ。

じゃあ具体的にはどんなギャップがあるか?例えば、新卒で入社前のAさんがいたとして、Aさんは「仕事は社員全員に同時に研修を受けさせて教えるのが効率的。だから入社したら研修で1から教えてくれるだろう」って思ってるとするよね。でもいざ入社してみたら、全員での研修なんかほとんどなく、パソコン一台渡されて、じゃあよろしく!って感じだった。会社の考えは、「聞けば答えるし、やりたい事をできる環境。機会は与えるけど、こちらから教える事はしない。自ら考えて、行動することが成長に繋がる。」って考えていました。これ、一つのギャップだよね。実際にどっちの会社ももちろんあるし、どっちが正しいなんてことはない。

次は仕事の評価に関して。自分では「俺はめちゃくちゃ仕事覚えて、他のやつと比べてもできてる、だから次の査定で給料上がるだろ」って思っていたと。でも会社からしたら「いや、そんなのはできてあたり前で、その報酬は今渡している給料の中に入ってる。できない方がおかしい」これもギャップ。「俺は給料上がってないのに、あいつは上がっている。この会社はちゃんと人を見てくれないのか?」そんな風に思うかもしれない。

でもね、会社には会社の考えがあるんだよ。人によって、会社によって評価の基準があるわけ。

例えば、、、何年か前のレコード大賞の話なんだけど、確か男のアイドルグループが受賞してたんだよ。でもな、、、俺からしたらレコード大賞を受賞するのは竹原ピストルなんだよ!!!チャラチャラした曲歌ってるアイドルグループより、男の生き様を歌ってる竹原ピストルの方が絶対かっこいいじゃねえか!って思うんだよね、俺は笑。でもこれは俺の一意見でしかないんだ。レコード大賞には、何かしらの俺とは違う評価の基準があって、それを満たしてたのがそのアイドルグループだったって話。だから個人の考え方、評価って、一つの意見でしかなくて、組織の評価とは関係ないんだ。

じゃあどうやってそのギャップを埋めるか!その方法は、、、

 

まずはギャップの向こう側に行く事!

つまり相手に合わせてみる。初めの2,3年はとにかく会社の評価基準はこれ!って言われたら「よし、やってやろうじゃねえか!」って評価されるように頑張る。初めはとにかくそれでいい。だってなんもできない状態で、会社に文句言っても、聞いてくれるわけないじゃん。もしやめたって困らないんだからさ。。でも2,3年経って、ある程度会社の評価するポイントで成果を出していくと、会社からの見え方が変わるんだよ。こいつなかなかできるなって。そう思われるようになったら、会社もやっと君の意見を聞いてくれるようになるんだよ。

結論、たとえギャップを感じたとしても、信用を積み重ねて、自分の発言が影響力を持つまでは、相手に合わせて、じっと待ってみる!辞めるなり、意見をするのはそれからでも遅くない!

研修を重ねるたび、確実に聞く姿勢、メモの取り方が良くなっている。学生時代には、勉強など全くしていなかったはずの生徒が。本当に人は環境次第で、いくらでも変化するのだと彼らを見るとひしひしと感じさせられる。

エンジニアを目指し、日々プログラミングの研修に取り組むHackerコースの生徒も参加。

アドウェイズにももちろんエンジニアの社員の方はいらっしゃるので、エンジニア目線でのお話も。


その後も、岡村さんが実際に壁に直面した時の事や、挑戦し続けることはなぜ必要なのかなど、様々なお話をしていただきました。

 

岡村塾卒業式。未来の非大卒のために、、、

 

 

そして約2時間の研修が終え、長かった岡村塾もついにフィナーレ、、、

最後に卒業式をやろう!という事で岡村さんについて行くと、、、

 

 

 

 

 

 

 

そこには、生徒達の未来のように、果てしなく続く空が広がっていた。
なんと今日の日のために、特別にアドウェイズ本社の屋上を解放してくださったんだと、、、
最後の最後まで粋な計らい。本当に頭が上がりません。

生徒代表のJOEから岡村さんへ感謝のメッセージ

JOE:岡村さん。大変お忙しい中、このような貴重な機会を三度も設けていただき、本当にありがとうございました。海釣りも坐禅も初めての体験で、遊びの中から仕事のヒントを見つける、自分を見つめ直す事の重要性など、様々な学びを得ることができました。そして、時には「前回のメンバーと比べて勢いがなくなった、目のギラツキがなくなった」といった厳しいお言葉をいただいた事もありました。ですが、岡村さんに指摘をいただけた事で、自分たちが以前よりレベルが下がった事、惰性で日々の生活を送ってしまっている事に気づくことができました。そのおかげで、少しずつですが、確実に日々の考え方、行動に変化が生まれ、研修の成果も上がり、インターン全体の雰囲気も良くなってきていると思います。何故自分たちは居心地の良かった地元を離れ、ヤンキーインターンに参加してきたのか。それを全員が考え直すことができたと思います。これからも、岡村さんに点けてもらった火を、決して絶やすことなく、更に大きく、大きくし燃やし続け、今後ますます頑張っていこうと思います。本当にありがとうございました!

岡村:えー、じゃあ、みんなお疲れ様!これから、1ヶ月後、2ヶ月後か、はたまた6ヶ月後か、人によって違うと思うけど、それぞれどこかの企業に就職していくよね。そしてまたその会社で、自分の成長を求めていくと思うんだ。今のみんなは、自分のことを考えるので精一杯だから、もちろんそれでOK!でも将来、ここにいるみんなが成長して、心に少しでも余裕ができた時、自分の下の非大卒、非大卒の子達が社会で活躍する手助けをしてあげて欲しいんだ!みんなが就職していく会社にも、将来また新しくヤンキーインターンを経た非大卒の子達が、面接に来ると思う。その時に、みんなが面接に出れる立場になっていて欲しい。そこで学歴とか、成績とか、そういう所じゃなくて、情熱とかやる気を見て、本当に良いと思ったら採用してあげてよ!実際に入社してきたら、指導して、ちゃんと育ててあげて。みんなには非大卒や、非大卒が伸び伸びと働けて、活躍できる社会を作る担い手になって欲しい。今は自分の事に全力で、いつかみんながおっきくなった時に。大変だと思うけど、頑張って。僕も応援してるから。

岡村さん。第一回、第二回、そして本日とヤンキーインターンの生徒たちに素晴らしい機会を提供していただき、本当にありがとうございました。岡村塾で行った取り組みは、どれもこれも新鮮で、生徒一同たくさんの学びや気づきを得ることができました。岡村さんに教えていただいた事を活かし、今後もたくさんの生徒たちが社会に羽ばたいて行くと思います。今回岡村塾を経験した生徒だけでなく、教えていただいた事をしっかりヤンキーインターンの文化として残し、また新たに挑戦してくる非大卒の若者たちに引き継いで行きたいと思います。ありがとうございました。

share
Facebook はてなブックマーク Pocket

Recommend

イベント
2019.4.17
『30歳の時にどんな”自分”になっていたい?』平山 里桜/株式会社ユニポテンシャル – ヤンキーインターン講演会
イベント
2019.3.27
『学歴なんて関係ない!大切なものは“意思”の強さ』金山 貴人/株式会社マクステージ – ヤンキーインターン講演会
イベント
2018.7.26
『大企業の看板、綺麗なオフィスビル、そんなものよりもっと大事なものがある』平山 里桜/株式会社ユニポテンシャル – ヤンキーインターン講演会
イベント
2018.4.18
「心の通ったインターネットで豊かな暮らしを。」アイハーツ株式会社 – ヤンキーインターン説明会