EVENT
2017.2.24

高卒就職を経て取締役、大学院進学、そして上場へ。大切なのは『ゴールに旗を立てる』《 第0新卒説明会-株式会社プロパティエージェント》

2,317 view

ハッシャダイではヤンキーインターン参加者のために、これまでの人生では決して出会うことの無かったような各分野で挑戦する外部講師を招待し、様々な観点から成長に繋がるような講演会を定期的に行なっています。

本日は、c常務取締役 野呂田 義尚氏にお越しいただきました。

野呂田氏は高卒で就職した企業にて約10年勤続された後、上京し就職したプロパティエージェントにて取締役に就任し上場されました。
昨年には著書『株もFXもやらなかった 「わたし」が 不動産投資を始めた理由』もご出版されるなど、不動産投資のプロとしてご活躍されています。

講演内容の一部をご紹介いたします。

・1日の時間は24時間。みんな平等。
・勝ち癖をつけよう。
・一生、懸命を続けよう。
etc…

取締役として上場を果たされた野呂田氏。一見、雲の上の存在である方かと思いきや、高卒で就職した際には現在と全く違い、どちらかといえば現場に近い職務をされて来られたとのことでした。
そこから転職し、現在の企業に就職されてからは、在任中に立教大学大学院に進学し、学びながら上場を果たされたとのことでした。なぜその様なことを成し遂げられ今に至ることができたのか。
そのために大切にされていたことを一つ一つ研修生の活かせる形でお話していただきました。

その中でも特に『ゴールに旗を立てよう』というお話が研修生の共感と学びを読んでいました。
頑張っている人というのは少なからず何かの山に登っているのと同じく目標に向かって前に進んでいます。その際に考えたいのは、①登る山が合っているのか②山を登った際の目印を持っているのか、ということでした。
野呂田氏自身もかつて、山を登っている最中、頂上付近に来た際に登っている山が間違っていたことに気づき機会損失をした経験があったとのことでした。
同じ過ちをしない様に若いうちに気付けていればという気づきから今回お話をしていただきました。

一日の時間は人類みな平等であるはずなのに、なぜ結果を出せる人とそうでない人がいるのか。
その事実に目を向けるだけできっとみなさんの行動が変わると思っています。
ハッシャダイ研修生は今一週間の多くの時間を自分の将来のために費やし、変わろうとしています。

その中で、このアドバイスはこれからの研修をより密度の濃いものにしてくれると感じました。

本日はありがとうございました!

本日の招待講師:野呂田 義尚 氏

経営学修士(MBA)
1997年 新日本海フェリー株式会社入社。
主に関連会社の会計・税務処理、実地監査等に従事。
2007年 当社入社。
2010年 当社取締役就任。
2011年 当社常務取締役就任。(現任)
城西大学大学院経営学研究科イノベーション専攻修了。(MBA)
2015年 立教大学大学院ビジネスデザイン研究科修了。(MBA)
[論文・著書]
•株もFXもやらなかった 「わたし」が 不動産投資を始めた理由 -2016年

share
Facebook はてなブックマーク Pocket

Recommend

EVENT
2019.4.17
『30歳の時にどんな”自分”になっていたい?』第0新卒講演会・平山 里桜
EVENT
2019.4.16
「世界一透明なパンツ」で話題のOneNovaのPOPUPを開催!@HASSYADAI CAFE
EVENT
2019.3.27
学歴なんて関係ない!大切なものは“意思”の強さ〜ハッシャダイ 新規事業部 金山 貴人〜
EVENT
2019.3.1
〜CHOOSE YOUR LIFE講演〜実績